NUWA BizTools
ロボットクラウド開発ツール

自分だけのAIロボットを作ろう

NUWAロボットクラウド開発ツールを利用することで、あなたもプロフェッショナルに変身!
ご自身のアイデアと創造力を、簡単にケビーで実現。
簡単な操作

プログラミングができなくても、AI設計ができます。

心通うコミュニケーション

顔・性別・年齢・言語認識機能により、コミュニケーションや反応がより自然に。

スピーディーに開発可能

100種類以上のテンプレートや素材を用意しており、SDKも用意されています。

いろんな場面で、ご希望に合ったサービスを提供

「本格的なプログラミングはできないけど、授業を面白くして生徒たちの集中力をあげたい。」
学校及び教育機関
「組織や生産効率をあげて、サービスにエンターテインメント性を入れたい。」
店舗やサービス業
「ロボットの会話や動きを独自のものに変更したい。自分だけのロボットが欲しい!」
家庭用、個人用

プログラミング実験室

ブロックを積み重ねるように、専門的なプログラムの知識がなくてもプログラムが簡単にできてしまいます!

多様なAI認識、整合されたパフォーマンスブロックが豊富な動きや反応を作り出すことができ、 さらにMQTTプロトコルもサポートし、お手持ちの設備と一緒に使用すれば、様々なAIoT連携も可能です。

学生アカウント(ビジネス用Kebbi Airのみ)
AIコミュニケーション

多種のAI認識

顔、物体、音声をAI認識し、自然なコミュニケーションができます

3Dシミュレーター

実際のロボットに繋がなくても、シミュレーターで作成したプログラムを確認できます

MQTTプロトコルで多様なデバイスとの連動

マイコンボード、SiriやOK Googleと連動し、より面白く実用性のあるAIoT場面を実現

4,000種類を超えるブロックの組み合わせ方が、無限の可能性を作り出す

AI認識ブロック

多機能、多部位のセンサーが豊富なコミュニケーションを実現:

  • 4つのタッチセンサー
  • 音声認識
  • 顔認識
動作と演出

スクリーン、LEDライト、会話、動きや音楽も楽々:

  • 500種類のアクションと音声素材
  • YouTubeや音声ファイルもアップロード可能
  • 全⾝12個AIサーボのモータにより、自在の動きを実現
数学とロジック

多重条件やロジック判断で、変化が可能に:

  • テキスト
  • 関数と変数
  • ループ
追加ブロック

MQTT協定を利用し、ほかの装置と簡単に繋ぎます:

  • IoTブロックを作り、AIoT応用
  • Teachable Machineブロックで物体の認識が簡単にできます

コンテンツエディター

簡単な編集でできれば、生き生きとしたなロボットのパフォーマンスが生み出せます。

ビデオ編集ソフトのように、時系列の概念を持つロボットの3D演出エディターです。100種類以上のアクション、表情アニメーションなどの素材がライブラリーに用意されており、テキスト文字を音声に変換することもできます。繊細かつ多様な動きの演出を簡単に作れます。

学生アカウント(ビジネス用Kebbi Airのみ)
生き生きとしたパフォーマンス

数百種類の素材が使えます

350種類を超える表情ライブラリー、500種類に上るアクションライブラリーを利用すれば、簡単に生き生きとしたパフォーマンスが設計できます。

本格的なプログラミングができなくても、様々な創作ができます

ビデオ編集ソフトのように、時系列に表情、動き、画像、映像、音声などのブロックを組み合わせるだけでコンテンツが作成できます。

ロボットの発言も簡単に設計できます

思い通りの言葉をロボットにしゃべって欲しい?そういう時は、文字入力だけすれば、システムで音声に変換してくれます。

6項目の素材で、複雑なコンテンツを作り出します

表情アニメーション

キャラクターの表情や感情表現をたくさん用意しています

映像

スクリーンに映す画像や動画を自由にアップロードできます

音楽

物語やパフォーマンスに合わせた音楽をアップロードできます

TTS音声変換

文字入力するだけで、音声に変換しロボットが読み上げてくれます

動作

素材からお好きなロボットの動きを選ぶだけで、簡単にロボットに動きを付けることができます

字幕

字幕の表示や位置が選べます

フェイスエディター

ロボットの表情を、思い通りに!

アニメーション作ったことがなくても、絵を描くだけでロボットの表情をデザインできます。どんな顔でも自由に作り出すことができます。 ご家族や同僚の顔を描けば、一瞬で変身!

※ PhotoshopもしくはIllustratorが必須

 

表情のデザイン

3種類のテンプレートから選べます!

Kebbi
BONGO
デフォルトの顔です。豊富な変化を持ち、感情豊かな表情がたくさん入っています。
三毛猫
CAT
特徴は大きくて丸い目と、長いひげです。このような顔をデザインしたい時は、こちらをご利用ください。
ハスキー
DOG
広範囲の柄等の変化ができることが特徴です。このような顔をデザインしたい時は、こちらをご利用ください。

指示通りにファイルをアップロードすれば、簡単に表情を変えられます

指示通りに操作するだけで、顔のデザインを簡単に作成できます。
まったく経験がなくてもアニメーションが作れてしまいますので、独創性と面白さが倍増!

プレゼンメーカー

文章や画像で、インタラクティブなロボットエンターテインメントに早変わり

PowerPoint に似たUIなので、5分もかからずにAIインタラクティブロボットのエンタメ体験を設計できます。音声での質疑応答や、YouTubeの動画のはめ込みもでき、内容を更新するのも簡単です。

クイズとプレゼンも

映像と動画

350種類の表情ライブラリーと、500種類のアクションライブラリなどがそのままご使用できます。

基礎的なOAスキルでOK

パワーポイントのような作り方なので、基礎的なOAスキルだけでもインタラクティブなロボットによるプレゼンコンテンツに仕上がることができます

多様な問題形式で、面白みがもっと

●✖問題や、二択クイズ、早押しもでき、YouTube動画も入れられますので、生き生きとしたプレゼンが簡単にできます。

5種類の形式で、面白いプレゼンテーションを!

映像

一枚の写真や画像を用いて、プレゼンします

動画

動画を用いて、プレゼンします

分流ページ

2~4つの選択肢がある質問でプレゼンし、回答により対応のページへ飛ばします

選択問題

正解を含む2~4択クイズを作成し、正解か不正解かで対応のページに飛ばします

●✖問題

●✖問題を作成し、正解か不正解かで対応のページに飛ばします

トレーニングキット

文字でQ&Aを入力すれば、ロボットとインタラクティブな対話が設計できます。

面倒なAIトレーニングプロセスは要りません! ロボットとの会話内容設計すれば、トレーニングプロセスはクラウドで自動的に行われます。 画像や動画と組み合わせたり、自然で人間らしい会話を!

応答文言を指定

文字を入力するだけ!

ご希望の問答内容を入力するだけで、すぐできてしまいます。ロボットは設定された答えで回答してくれます。

※アクションライブラリーも準備中

画像や動画を追加し、より豊富な体験へ

音声以外にも、スクリーンに表示される画像や動画を追加することができます。

ワンステップ上の音声対話設計をサポート

JSON Formatで反復応答を作り、指定APIもしくはDialogflow Agentでプロジェクトをトレーニングすれば、多重会話の設計が可能。

クイズエディター

ロボットがクイズ番組の司会者に?!

ロボットのセンサーがクイズの早押しボタンになり、1人でもみんなとの対戦も楽しめます。カテゴリや問題をカスタマイズすることができ、問題説明やクイズ内容により対話性が生まれます。

早押し対決

タッチと音声認識でロボットと遊びます

タッチで回答権をゲットし、喋った回答を音声認識してくれます。多元的なやり取りで面白さが倍増。

クイズとアイコンを自分で設定できます

既にあるクイズ以外にも、自分で作成したり、アイコンを変更したりすることもできます。

一人でも、二人でも早押しで遊べます

一人で遊ぶことも、二人で競うこともできます!面白さが増し、汎用性も高いツールになります

多様なクイズ形式で、より面白く!

  • 文字:文字で表示
  • 音声:音声で問題を読み上げ
  • 映像:映像で表示
  • ●✖:〇か✖を選択
  • ●✖:〇か✖を選択
  • 文字選択:文字を確認する4択クイズ
  • 映像選択:映像を確認する4択クイズ
  • 音声選択:音声を確認する4択クイズ
  • 音声回答:プレーヤーが喋って回答するクイズ

ロボット管理システム(ビジネス向けKebbi Airのみの機能)

複数のロボットをリモート一元管理し、組織管理と生産効率が大幅にアップ

様々なシーンとニーズに合わせて、遠隔モニタリングやアプリやデータをアップロード・インストールすることが可能で、簡単にロボットを遠隔運用できます。チームライブラリでパフォーマンス素材を共有することもでき、手間が省けて効率アップにつながります。

クラウド管理    指令を受ける

ロボット管理システムの 4 つの特徴

チーム協力

需要に合わせてメンバーをグループ分け、ソフトウェア・チームライブラリーを管理し、みんなで協力して創作ができます。

リモート操作管理

チーム内のロボットをいつでもどこでも管理でき、クラウドを使って複数のロボットに指定のAPKやファイルをインストール・ダウンロードすることもできます。

カスタマイズ

ソフトウェアの種類等を事前に計画変更し(コンフィグレーション設定)、ロボットに割り当てれば、カスタマイズされた状態でお客様にお届けできます。

プロダクトキー

チームごとにプロダクトキーが発行されますので、そちらでログインすればE-mailでそれぞれ管理する手間が省けます!

※リリース時期未定

ロボットマネージメントシステム(ビジネス向けのKebbi Airのみ)

ロボット管理システム最大の特徴としては、組織やお客様の複数ロボット、及びBizToolsで作成した素材やファイルを一括で管理できることです。3種類のアカウント権限設定で、より効率的に管理できます。

クラウド開発ツール一覧表